スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
教材と卒論の状況
製作している教材と卒論の現状を確認する。

<卒論>
・章立てを2週間ほど前から自主ゼミ(通称KODAK)で報告し、指摘や助言をいただいた。本日には、研究室MLでも報告。
 章立ては以下の通りである。

序論
1章 研究目的・方法
2章 先行研究の到達点と課題
3章 簡易型NC教材の開発
4章 教材の検証
5章 結論

迷っているのは「NC」の扱い方。

「NC装置」として捉えるのか、「NC教材」として捉えるのか。つまり、NCをものとして捉えるのか、NCを教材として捉えるのかで迷っている。最初の想定では、後者だったと思うが、前回の学会の要綱を書く際には、平田先生から「NC装置」というように訂正していただいている。
どちらにするか、1度整理をする必要がある。

<教材>
現在、○号機を製作中である。
現在、実験などで使用しているNC装置は、X-Y軸の移動がスムーズではない。
制御プログラムのテストをするときに、この問題が影響してはならないという理由と、もう少し、見た目がよいものを作りたいという理由から、再製作をしている。

前回からの改善点としては主に2点。
1.X-Y軸の移動
2.X軸移動可能距離が増加
3.ナットと全ねじの組み合わせでX,Y軸が移動
(前回までは、ステージを支えるアルミの角材にねじを切っていた。ナットと全ねじの組み合わせにすることで、移動がスムーズになり、作業時間も大幅に減らすことができた。)


<明日の予定>
1.部品の購入
 →教材製作に必要な部品を買い忘れていた。明日、買いに行く。
2.加工部にニクロム線をつける
3.動作確認

4.卒論(2,3章を中心に)

スポンサーサイト
【2007/12/08 02:38 】 | 卒論 | コメント(4) | トラックバック(0)
<<互学互修 | ホーム | カテゴリーを統一>>
コメント
NC装置とした意図
あの要旨で私がわざわざ「教材」から「装置」と赤を入れた理由は次の通り。

「教材」をひとつのシステムとしてとらえていたため。

グリグリ、制御ソフト、加工機をまとめて「教材」と考えた。

加工機のみを取り出して述べる場合には「装置」とした方が、”あのときは”ふさわしいと考えたため。


ご参考まで。あまり私の意見にとらわれず、前報の取り扱いや指導担当の先生の意見を聞いてみてください。

【2007/12/08 07:45】| URL | 平田敦 #2E/TKNTo [ 編集 ]
平田先生、コメントありがとうございます。
上記のNC「教材」、NC「装置」の言葉につきましては、村松先生と相談をしたいと考えています。
【2007/12/10 09:25】| URL | ゆうki #- [ 編集 ]
旅行・留学・アウトドア
旅行・留学・アウトドアを探すなら http://www.mizusumashi-net.org/200162/101242/
【2008/09/12 22:45】| URL | #- [ 編集 ]
チャーガダイエットについて
チャーガはシラカバなどの幹に規制する耐寒性のキノコです http://seidel.thriftystmartin.com/
【2008/10/14 18:37】| URL | #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。