スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ケンカ
塾のバイト中に言い争いのケンカが起きた。

一人がカッとなって、シャーペンを相手に投げ、顔に当てた。


言い争いを一時止め、一人ずつ別の部屋につれていき、理由を聞く。

このとき注意したのは以下3点。
1.両者の意見を聞き入れる
2.手を出した(シャーペンを投げた)ことは、許されないこと
3.謝るかどうかは本人の意志に任せた。また、相手を許すかどうかも本人の意志に任せた。



ケンカの仲裁をしている間、他の子どもは自主的に自習させた。このとき、2人の子どもに先生役をお願いした。

しかし、このことで、自習させた子どもに指導することができなかった。これは、申し訳ないことをした。

どのように対応するのがベストだったのだろう。

そう言えば、3年の教育実習中にも同様なことがあった。

授業中に殴り合いのケンカがあり、先生が仲裁に入った。

その間授業は約20分ほど止まった。

現場に出たときに、このようなことが起きたらどのように対応したらよいのだろう。考えておくべきことである。

スポンサーサイト
【2007/11/12 22:45 】 | バイト | コメント(1) | トラックバック(0)
<<みんなで考えよう 世界を見る目が変わる50の事実 | ホーム | 合格者説明会>>
コメント
仏具・神具
仏具・神具を探すなら http://www.carrot-import.com/215783/100822/
【2008/09/27 02:45】| URL | #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。