スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
学生による教育再生会議
「学生による教育再生会議」を読んだ。

この書籍の著者は東京学生フォーラムといって、現役大学生たちの集まりである。

構成は以下の通り。

1.ゆとり教育世代が考える「学力問題」
2.教師は本当にダメになったのか
3.学校選択制はバラ色なのか
4.教育委員会はどうあるべきか
5.何のための教育改革か

書籍では、様々な教育問題に対して、「真の原因の追及→データでの証明→解決策の提案と根拠」というように、客観的に教育問題を考察し、様々な提案がなされていた。
(提案などに多少の疑問を感じるときもあったが)

このように、客観的なデータで問題の原因を明らかにし、解決策を考えていくということは学校教育や研究において、重要なことであると感じ、とても参考になった。

スポンサーサイト
【2007/09/17 05:17 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<「授業研究空間」-ユニバーサルデザイン | ホーム | おめでた>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。