スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
初めの一歩
始めた。

まずは、電化パーツへ買い出し。

・ブレッドボード
・ジャンパー線
・PIC16F628A
・抵抗510Ω × 10
・コンデンサ4.7μF × 10

次に、「やさしいPICマイコン」を見ながら、回路を組む。

抵抗と発光ダイオードだけの簡単な回路。しかし、ブレッドボードの使い方が分からず、少し悩む。

回路を組み、実験をする。成功。

次に、プログラムを始める。使ったのはMPLAB IDE

とりあえず、本の通りにサンプルプログラムを組む。

そして、秋月のPIC Programerを使って、書き込もうとする。

しかし、USBシリアルポートのドライバがうまくインストールできず。結局は、ELECOM社から無事ドライバをインストールできた。

さあ、書込をしようとすると、PICプログラマのACアダプタが見つからず。

これ以降の作業は明日に持ち越しになった。
スポンサーサイト
【2007/08/28 22:17 】 | PIC | コメント(0) | トラックバック(0)
<<するべきこと | ホーム | 三端子レギュレーター>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。