スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
パルス
1秒間に出力されるパルス数を計算。

<ギヤ>
1分間 132回転
1分間 360°×132 → 360°に穴が8
1分間 8×132=1056パルス
1秒間 1056÷60=17.6パルス

つまり、1秒間に約18.0パルス

これが、PCで追随できるのか。
 → どうやって調べる?

スポンサーサイト
【2007/07/30 11:16 】 | 教材開発 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<ソレノイド | ホーム | 迷い中野教材開発>>
コメント
追随調査の方法(案)
追随調査の方法としては、テストアプリをつくるのがよろしいかと思います。

先ずは制御対象は抜きにして、
シンプルなループをつくり、
制御ボードに入力命令を出してみる。

例えば、一万回のループを実施し、時間を計測。
一回あたりの所要時間は計算で出てきます。

これが0.06[s](55[msec])を超えるようなら話にならないということでしょう。
現実的にいつくるともわからないパルスを待ちかまえるためには、少なくともこの半分の周期で測定を実施しないとならないでしょう。
ポーリング周期が0.03[s]程度ということです。


卒論、大変でしょうけど、一生思い出に残るでしょうから頑張ってくださいね。
【2007/07/30 16:16】| URL | 平田敦 #- [ 編集 ]
訂正。エンコーダのパルスはオンオフでセットだから、読取りには倍のスピードが要求される。
ポーリング周期は遅くとも0.015[s]ですね。
【2007/07/30 19:38】| URL | 平田敦 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。